7年のジンクスは超えられないのか...デビュー7年を目前に解散しちゃったグループ

7年のジンクスは超えられないのか...デビュー7年を目前に解散しちゃったグループ

皆さん、こんにちは。ぽっぽちゃnです。韓国大好きな皆さん、K-POPアイドルグループ界に存在する「7年のジンクス」ってご存知ですか?どんなに人気があるグループも7年以上は活動できないというジンクスなんですが、今回はそんなジンクスに当てはまちゃったグループをご紹介します。


7年のジンクス①:2NE1

2009年にYGエンターテイメントからデビューしたガールズグループ「2NE1」!
21世紀の21とNew Evolutionの頭文字NEを合わせた名前通り、今までにないサウンドとメンバーの豊かな個性を合わせたスタイル、ファッションが大人気でした。特に、海外での活動も多く、Black eyed peasのwil.iamやファッションデザイナーのジェレミー・スコットとコラボするなど、様々な活動を見せていましたが、2016年4月 マンネだったMinzyがYGからの移籍を発表し、3人で活動を続行すると表明するも結局同年11月には解散を発表。年長だったボムがYGと再契約とならなかった為でした。まさかの解散に多くのファンが動揺し、大きなショックを受けたのでした。
解散後:CLはアメリカを中心に音楽活動を続行、最近では映画「My Little Pony」のサウンドトラックに参加し、注目を集めています。Daraは2NE1結成前に活動していたフィリピンでの活動が増え、オーディション番組での審査員や化粧品のモデルなど活動の場が広がっています。BOMはまだ移籍先の話しや活動などが表立って発表されていませんが、インスタグラムなどのSNSを通して、近況をUPしているので活動を再開しそうだと言われています。移籍してしまったマンネのMinzyはソロデビューを果たし、バラエティ番組にも出演するなど新しい一面を見せています。

7年のジンクス②:Sister

K-POPガールズグループの中で綺麗さ、歌とダンスの安定さ、セクシーさを誇るグループといえば「Sister」でしょう。2010年に「Push Push」でデビューし、その実力がすぐに認められ、数々の賞を受賞してきました。どんなに激しいダンスでも高いヒールで踊る姿がかっこ良く、男女ともにファンが多く、ずっと変わらない人気を誇ってきたSister。他のグループが多く7年のジンクスを超えられないでいる中でSisterは大丈夫かと記者に質問された時、「お互いを信頼しているから大丈夫」と答えていたのですが、2017年5月31日をもって解散となりました。
解散後:ヒョリンはソロデビューし、楽曲も発表しています。ボラはウェブドラマに出演したりなど活動の場を広げているようです。他のメンバーも活動の準備中のようです。
元々、一人一人の実力が高かったSister。今後の活動に期待大ですね!

7年のジンクス③:Beast

2009年にCUBEエンターテイメントからデビューしたグループ「Beast」元々ソロで活動していたメンバーや他の事務所にいたメンバーなどをCUBEの社長が呼び集めたという始まりの他とは少し変わったデビューの仕方をした彼ら。メンバーのうち、3人が既に人気を集めていたアイドルだったため、デビュー曲の時点で動画回数が1分で1万回を記録するなど注目を集めていたのでした。
その後の活動も順調で、日本でも毎年公演を行っていましたし、ドラマや映画のOSTに参加するなど、実力の認められていたグループでしたが、まず2016年にヒョンスンが脱退。その後、同年11月にメンバー全体がCUBEエンターテイメントとの契約が終わる際、独立し、12月に「Around US ENTERTAINMENT」を設立し「Beast」ではなく、「HIgh Light」として再デビュー。こちらは解散とはまた違った形ですが、先に脱退したヒョンスン以外が一緒にデビューしているのを見るととても仲が良いというのが伺えますね。今後の活動に期待ですね!

7年のジンクス④:4minute

こちらもK-POP好きなら誰でも知っているガールズグループ「4minute」。元々、Wonder Girlsでデビューしていたヒョナが体調不良を理由に脱退し、CUBEエンターテイメントに移籍。その際、2009年に「4minute」が結成されたのです。最初はヒョナの為のグループというイメージが強かったのですが、デビュー曲「Hot issue」で人気を獲得し、ゴールデンディスク賞で新人賞を受賞。人気を確立します。その後、ヒョナのソロ活動やジユンとガユンのユニット「2YOON」での活動したり、海外では日本、台湾、香港、フィリピンなどでも活動し、アジア中から認められるグループになりました。
しかし、2016年6月16日にヒョナのみが事務所と再契約となり、他のメンバーは移籍。4minuteは解散となったのでした。
解散後:ヒョナはソロ歌手としての位置を確立し、活動を継続しています。他のメンバーはまだ表立って活動をしていませんが、今後の活動に注目しましょう♪

7年のジンクスは超えたけど:Wonder Girls

こちらは、7年のジンクスを超えたけど、解散になってしまったパターンです。
2007年にJYPエンターテイメントからデビューした「Wonder Girls」デビュー曲の「Tell me」が爆発的人気を誇り、一躍人気グループになります。アメリカでは映画に出演したり、中国や日本でも活動の場も多く、かなりの支持率がありましたが、2013年にソネが結婚の為、脱退。その後、2014年ソヒがJYPとの契約更新をせず、演技の道へ進む為、脱退。(イビョンホンの事務所に移籍)その後、新しいメンバーを入れて3年活動していましたが、2017年、解散となりました。メンバーが変わっても10年という長い歳月を頑張ってきたWonder Girlsの解散はK-POP好きには大きな衝撃だったと言えるでしょう。
解散後:ユビンとヘリムはJYPに残り、イェウンとソンミは他の事務所に移籍になったようです。ソンミは早くもソロ歌手としてデビューをし、活動も好調なようです。最近、イェウンがアルバムにてソロデビューする予定だと公表されました。

最後に。

今回は、7年のジンクスを超えられなかったグループをまとめてみましたが、いかがでしたか?
こうやってみるとK-POPの時代を開いて来たグループばかりで、時代が変わったんだなと思いつつ、寂しい気持ちになるファンも多いようです。しかし、中には少女時代のように結成10年になってもがんばっているグループもあります。(ジェシカは脱退しちゃいましたが)
また、今「ジェスキス」や「SES」など昔のグループが再結成しているのを見ると、今回解散してしまったグループもいつかは再結成してくれるのではないかと思います♪
今回も最後まで読んで下さってありがとうございました。

このまとめのキュレーター

韓国在住のぽっぽちゃnです☆

関連する投稿


韓国アイスクリーム♡おすすめのまとめ!

韓国アイスクリーム♡おすすめのまとめ!

皆さん、こんにちは!ぽっぽちゃnです。春になり、新しい学校や職場になり、環境が変わったという方も多いのではないでしょうか?新しい出会いのある季節ですね!さて!今回ご紹介するのは韓国アイスクリームです♡まだ夏まで時間がありますが、韓国で大人気のアイスクリームをご紹介したいと思います♪


日本のAV女優が韓国デビュー!韓国のAV事情

日本のAV女優が韓国デビュー!韓国のAV事情

韓国で日本のAV女優ユニットが歌手デビューしました。 韓国のAV事情や V女優について。 デビューした「ハニーポップコーン」のメンバーのAV女優を紹介します。


その手に触れたい!?触れられたい!?きれいな手の男性アイドル

その手に触れたい!?触れられたい!?きれいな手の男性アイドル

韓国では、男女問わず細くきれいな手を「ソムソムオクス(섬섬옥수)」と呼びます。男性アイドルのソムソムオクスさん達です。


その瞳は?アイドルが使っていた気になるカラコン

その瞳は?アイドルが使っていた気になるカラコン

今や、使っていないアイドルはいないと言われるほどのカラコン。アイドル達が使用したカラコンのまとめです。


その目にキュン死♡「トゥェピェミ」モード炸裂アイドル

その目にキュン死♡「トゥェピェミ」モード炸裂アイドル

アイドル達って普段もかっこいいけど、ステージに上がるともっとかっこよくなりますよね。そんなアイドル達です。


最新の投稿


韓国スターの空港ファッションをチェックしましょう♪

韓国スターの空港ファッションをチェックしましょう♪

最近の韓国スターの空港ファッションを紹介します★


この春使いたい韓国で人気のピンクリップ商品を紹介♥

この春使いたい韓国で人気のピンクリップ商品を紹介♥

今回はこの春使いたい韓国で人気のピンクリップ商品を紹介していきます^^


この春おすすめしたいスペシャルケアは?!肌の悩み別に解説します★

この春おすすめしたいスペシャルケアは?!肌の悩み別に解説します★

この春おすすめしたいスペシャルケアは?!肌の悩み別に解説していきます^^


韓国で「顔の天才」と言われているスターは誰?!

韓国で「顔の天才」と言われているスターは誰?!

韓国で「顔の天才」と言われているスターを紹介していきたいと思います^^


この春発売された新作韓国コスメをチェックしましょう♥

この春発売された新作韓国コスメをチェックしましょう♥

この春発売された新作韓国コスメをチェックしましょう♥


特集記事