演技だけじゃない!いろんな才能で注目されている韓国の俳優たち

演技だけじゃない!いろんな才能で注目されている韓国の俳優たち

なんか俳優とすれば演技だけすることのようだが、実は彼らも多様な分野に挑戦しているという事実!今回は演技から歌まで完璧な才能を持った韓国のスターに対して紹介します。


様々な活躍が目立つ韓国のスターはだれ?

歌、ダンス、演技をすべて渉猟してこそ、舞台に乗ることができるミュージカル俳優。
そのどんな失敗も、NGも、ためらうことも許されない領域であるおかげで、だれでも簡単に挑戦しない分野がまさにミュージカルでもあります。演技力においてはすでに立証を受けたせいだろうか。

スクリーンとブラウン管で活動する俳優の中では特に、ミュージカル俳優出身たちが多いです。それで今から多芸多才な魅力で熱い人気を得ているミュージカル俳優出身スターたちについて紹介します。

チョ・スンウ

1999年、映画の李夢竜にデビューして以来、今まで映画やドラマ、ミュージカルを行き来しながら活発に活動している俳優、趙承祐(チョ・スンウ)です。

ミュージカル俳優としての初のデビューは2000年の高宗駅を通じソヨッヌンデ以降、若きウェルテルの悩み、ジキル&ハイド、ヘッドウィーク、ラ・マンチャの男などの大規模な作品に相次いで出演し、ミュージカル、興行保証小切手としての立地を確固なものにしました。

従順なようにするがその中で感じられる鋭い雰囲気のマスク、ディテールな演技力で最高の演技派俳優というタイトルを獲得したチョ・スンウ。毎作品ごとに全く異なった変わった姿に変身する彼の未来がもっと楽しみです。

キム・ムヨル

1999年、映画「間」で初のデビューをしましたが、2002年ミュージカル「チャンタ」に本格的な俳優生活を開始した俳優のキム・ムヨル。ミュージカル界でしっかりしたフィルモグラフィーを積んだ後ドラマと映画で徐々に顔を照らす始めたケースです。

ミュージカル ギリシャ、痛む米、キム・ジョンウク探し などに出演し、ミュージカル俳優としての立地を固め、その後ドラマシティー「新派のために」に初のブラウン管デビューをしました。

以後ドラマ「一枝梅」、映画「最終兵器弓」、「ウンギョ」、「延坪(ヨンピョン)海戦」などで大衆たちと会ってきて、片手間にミュージカルにも出演し、多方面で活動して来ましたが、特に女優のユンスンアと結婚し、大きな注目を浴びるサランクンの面貌を遺憾なく発揮されています。

チョ・ジョンソク

このごろの大勢俳優の一人であるチョ・ジョンソクもミュージカル俳優兼映画俳優として活動中の多才多能のスターです。2012年に公開した映画「建築学概論」のナプトゥクが出演し注目を受けましたが、そのよりはるかに以前の2004年からミュージカル俳優として大活躍してきたチョ・ジョンソク。ミュージカル ギリシャ、ヘッドウィーク、オルシュクオプ、スプリングオウェイクニンなどで活躍し、大衆に名前を教えた後も何度もミュージカルに出演したりしました。

ナプトゥクイと一緒に愉快で快活な役割だけでなく、ドラマ「ザ・キング・トゥ・ハーツ」のウンシギョンのようなカリスマあふれるの役割まですべて消化可能な千の顔を持っています。
以後ドラマ「オ!私の鬼さん」、「嫉妬の化身」などで危険な目つきの演技を披露してドラマを興行の道へ導いた立役者となりました。

チ・チャンウク

彫刻のような外見と心を虜にする演技で人気を集めた俳優のチ・チャンウク。ドラマで先にデビューをして以来ミュージカル界に移って新たに注目を受けた独特なケースです。

俳優として第一歩を踏み出した作品は2008年、ドラマ「僕は君に惚れた」であり、その後、ソル薬局の息子たち、ヒーローなどに相次いで出演した後、本格的な俳優生活を始めるようになりました。
チ・チャンウクという名前を本格的に知られるようになったきっかけは、たった2010年に出演したドラマ「笑えトンへ」とミュージカル「痛む米」

初のドラマ主演を務めると同時に最初のミュージカル挑戦をしたまさにその年です。
以後ドラマ「奇皇后」、「ヒーラー」などに出演し、俳優のチ・チャンウクという名前をさらに大きく知られるようになっており、多数の中国ドラマにも出演し、俳優としての領域を広げています。

オム・ギジュン

鋭い印象に冷たい表情、主に「士」の字が入る職業や悪役を演じながら、自分だけの領域を確固にしている俳優のオム・ギジュンです。

演技派といえば思い浮かぶ俳優の一人であるオム・ギジュンは1995年、演劇「リチャード3世」に初のデビューをした後、2006年ドラマシティ「誰が愛しただろう」にブラウン管デビューをすることになります。
多数のドラマで活動してきた彼だが、ミュージカルを愛するミュージカルオタクにはミュージカル俳優としてのイメージがさらに強い俳優でもあるオム・ギジュン。ミュージカル カルメン、ギリシャ、ヘッドウィーク、キム・ジョンウク探し、レベッカなど、数えきれないほども多くの作品に出演し、韓国を代表するミュージカル俳優として活躍してきました。

ドラマを通じて絶えず視聴者の方々と会にくるようにミュージカルを通じて絶えず観客たちに会っている俳優のオム・ギジュンです。

カン・ハヌル

好感型の顔や優れた演技力で多くのファンを保有している俳優カン・ハヌル。
高校生だった2006年国楽ミュージカルの「天上時計」オーディションを受け、一気に主演の「蒋英実」役に抜擢されて皆を驚かせ、ミュージカル俳優としての第一歩を踏み出すことになります。

その後、2008年大学新入生だった時代に中央大学演劇学科の創設50周年記念ミュージカル「La Vida」の主演ハムレット役を演じることもしており、2010年俳優のチ・チャンウクとともにミュージカル「痛む米>」に出演して注目を受けました。

ミュージカル界で注目を受けたこととは異なって、ドラマや映画では比重が少なくた脇役を務め、着実にフィルモグラフィーを築いてきたカン・ハヌルは2014年ドラマ「相続者」と「尾生」に相次いで出演し、本格的にその名を知らせました。
以降、映画 セシボン、二十、ドンジュ、再審、青年警察などで活躍し、「牛のように働く俳優」というニックネームを得ました。

このまとめのキュレーター

最新の投稿


意外性に惚れる!?個性的な女性が好き♡っていうナムジャの求める個性って?

意外性に惚れる!?個性的な女性が好き♡っていうナムジャの求める個性って?

誰もが好むタイプではない女性が好きだという韓国男子もいるそうです。そんな彼らが思う、個性的で好きだと思う女性のタイプのまとめです。


その一点で魅力倍増♡「ほくろ」が特徴的な芸能人たち

その一点で魅力倍増♡「ほくろ」が特徴的な芸能人たち

「ほくろ」で魅力倍増の芸能人たちのまとめです。ちょっと変わったほくろちゃんも。


レトロな街★イクソンドンを歩いてみよう♪

レトロな街★イクソンドンを歩いてみよう♪

皆さん、こんにちは。ぽっぽちゃnです。大都会ソウル、どこに行っても新鮮で楽しい街ですよね。でも、今回はその都会さとはちょっと離れたレトロな雰囲気の街、イクソンドンについてご紹介したいと思います。


これが作れたら韓国人?!韓国家庭定番の料理♪

これが作れたら韓国人?!韓国家庭定番の料理♪

皆さん、こんにちは。ぽっぽちゃnです。韓国料理が大好きな方も多いのではないでしょうか?今回は韓国の家庭では定番のおかずや料理をご紹介します♪レシピも載せていますので是非見て下さいね♪これが作れたら韓国人になれちゃう?!


SKINFOODの新商品をチェックしましょう♥

SKINFOODの新商品をチェックしましょう♥

2018年春発表のSKINFOODの新商品を紹介していきます!


特集記事